Prior Art Rapid Reportの特徴

 

500件の類似特許リスト

特許全文を読み概念を「理解」したAIが、技術的に類似していると判断した特許を上位500件レポートします。従来の概念検索ツールでは見つからなかった特許が見つかる可能性があります。

 

高精度

パフォーマンスベンチマークで、
過去の米国無効審判結果を高精度に再現。
もし無効資料があるのであれば、35%の確率で上位50件以内に見つかる可能性があります。

精度についてもっと知る→

 

多言語・グローバル調査

人間には難しい多言語調査も、AIアシスタントには問題ではありません。
US特許や日本特許、中国特許のみならず、
あらゆる言語の特許を対象に調査します。

 

ビッグデータ分析

上位200件から導き出されるインサイトをご提供します。AI が対象特許をどのように理解し、その分野にどういった技術エリア存在するのかなど。より深い理解を得て、調査を続行するか等の判断材料にすることができます。

簡単でスピーディ

AIの調査に必要なのは、ターゲットとなる特許番号だけ。24時間以内に調査結果を確認することができます。あなたの必要な特許を圧倒的なスピードで探し出します。

 

フレキシブルな料金プラン

利用頻度や人数に応じて、
料金プランをお選び頂けます。

料金プランについて→